イメージ画像

印鑑と通帳に込めた想い

娘に銀行印を作ってあげようと思った。
たくさん貯金してあげることはできないかもしれないけど、大学や専門学校に行く時や結婚など使い道は数えきれないほどある。あって困らない。「結婚式のお金は全くないと思ってね」離婚した時に母は私にそういった。自分でためてほしいという事だったけど、貯金なんてなかなかせずに社会人になっても使いたいだけ使っていた。結婚するかわからないのに、結婚に夢を持っていたりお嫁さんになりたいなんて思ったことがなかったから、結婚のための貯金なんてするわけがない。

でも、それなりに恋をしてそれなりのプロポーズをうけて人並みに結婚する運びとなった。母は、結婚式に使ってと通帳をくれた。
50万入っていた。少額でもコツコツ貯めていた記録が嬉しかった。1000円の入金もある。
娘が産まれた時に同じことをしてあげなきゃいけないと思った。

さて、銀行印を作ろう。
通帳だけで使用できればいい。
下の名前で作ってあげよう。そして、未来が光り輝くようにきれいな材質のものを選ぼう。
ネットで探した。

今は、ネットの方が選択肢が多い。店もたくさんある。古印体で作ってあげよう。苗字も入れた方がいいか悩む。
一生使ってほしいけど、結婚してお嫁さんになってしまったら、苗字はかわる。
今は3組に1組は離婚する時代だ。でも、幸せな結婚をしてほしい。やはり、苗字は入れない方がいいだろう。
いや、離婚したって何したってあなたは私の大事な娘。帰ってくるところは私のところ。そういう思いをこめよう。
離婚しようと思って結婚する人はいない。優しい雰囲気のある古印体で娘の名前を彫ってもらう。それだけで満足しそうだ。


これは、銀行印として使える印鑑の基準を満たしていないからで、変形する材質であるからです。
となると、ちゃんとしたハンコを用意しなくてはいけませんよね。でも、そういったちゃんとした「ハンコ」を持っている人は、少ないのではないでしょうか?

特に若い人だと、ハンコってどこで買えばいいの?銀行で使うんだから、ちゃんとしたハンコじゃないとだめだよね?ちゃんとしたハンコなんて、高いものなんじゃ…!?
…なーんて思っちゃいますよね。普段ハンコを作ったりしない人には、シャチハタ以外の自分のハンコなんて、すごく高価なものに思えてしまうのも無理はありません。

でも、実際にはそんなに身構えるほど、高価なものでなくてもいいんです!銀行印には、特にハンコの種類やどんなものを使っていないとだめ、などの指定はされていません。なので、どんなに高価なハンコも安いハンコも、銀行で使うには同じ効果しかないのです。
ですから、ハンコを用意する時はそんなに身構えず、自分の気に入ったハンコを購入すればオッケーなんです!

銀行印は、印鑑の部分がしっかりしていれば良いのですから、あとは自分の使いやすい大きさだったり、色や形などを選んでいいんです。最近では安くても品質のよいハンコも多いですし、若い人向けのかわいらしいデザインのものも多いです。
また、朱肉やケース付きの印鑑も安く品質の良いものがたくさんありますから、そちらもセットで買っておくと後々便利かもしれませんね。

このページの先頭へ